2020年12月06日

「宮崎興二の4次元ミュージアム」展会期終了いたしました。

令和2年12月6日(日)をもちまして「宮崎興二の4次元ミュージアム」展終了いたしました。
会期中は多くの皆様にご来館いただきましたこと、お礼申し上げます。
お越しいただいたお客様、展覧会の開催にあたりご協力いただいた皆様、そして、作家の宮崎興二先生と教え子の皆様、本当にありがとうございました。
posted by おかのやまへそ at 16:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「宮崎興二の4次元ミュージアム」最終日

「宮崎興二の4次元ミュージアム」展が本日最終日となりました。
沢山の方にご観覧いただき本当にありがとうございました。
美術館12.6.jpg
最終日は4時30分まで入館いただければ5時まで鑑賞できます。
暖かく穏やかな晴天の一日をへそ公園散策と宮崎展観賞は如何でしょうか。。お待ちしております。
posted by おかのやまへそ at 10:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

「宮崎興二の4次元ミュージアム」展会期終了まであと2日!

「宮崎興二の4次元ミュージアム」展のメイン作品は、第3室に展示された《夢幻次元のパノラマ》です。
宮崎先生は大学卒業後、大阪の建築事務所で数年勤め、その後関西大学助手、神戸大学助教授、京都大学教授となり、自身の研究を深めますが、《夢幻次元のパノラマ》は建築事務所で働いていた24歳の頃に制作をスタートした作品です。
今日は、宮崎先生が56年の歳月をかけて制作されたライフワークともいえる大作《夢幻次元のパノラマ》についてのインタビューを特別に抜粋してご紹介します。
3-2.jpg
《夢幻次元のパノラマ》について教えてください。
宮崎:東京オリンピックが開かれた1964年の日本は好景気でしたが、事務所の経営状態はよくなく未来は暗たんとしていました。その未来を明るくしようと思いながら描き始めた水彩画です。水彩絵の具、ポスターカラー、色鉛筆、墨など何でも水に溶ける材料で描きました。ただし新しい絵にはふつうとは違う雰囲気が必要です。それで、水をはじくため水彩画では使わないB0判のケント紙16枚に、コンパスと定規でふつうの画家の嫌う細かい幾何学的な繰り返し模様を色と形を少しずつ変えて描き、そのあとそれを水で洗ったり上描きしたりして崩すことにしました。
夢幻次元のパノラマ14.jpg
最初に完成したのは10年後の神戸大学時代で、すぐ個展を開きました。ところが会場で見直すと、全体を統一しろ、という桑田画伯の教えに背く点が見つかり、さっそく修正しました。こうした修正を繰り返した結果、もうこれで完成と思ったのが展示中の作品ですが、また不十分な点が見つかっているので直します。修正しているうちに、用紙が擦り切れたり汚れたりするかもしれませんがその場合は均等に紙を貼って直すつもりです。失敗なしです。
いずれにしろ16点は、あえて言えば4次元や5次元の抽象画になっています。というのは油絵やCGは失敗すれば完全に描き直して新しい2次元の絵にすることができますが、水彩画は一度描いた部分はいくら修正しても消えず、直すたびに2次元の図が重なって高次元の図になります。実は、かつて佐野画伯から、一度描いた部分は完成と思え、色は絶対重ねるな、と厳しく言われました。それがわかって逆に色を重ねて新しい絵にしようとしたわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮崎先生のインタビュー記事には、建築事務所勤務を経て大学教員になるまでの日々や、高次元を研究するきっかけなども詳しく書かれています。小説を読んだ後のような心地よい余韻を感じる読み応えたっぷりの文章。真面目に丁寧に日々を過ごすと人生が切り開かれていくのだなと感じられる素晴らしいインタビュー記事なので、是非カタログを購入して読んでいただければと思います。

夢幻次元のパノラマ13.jpg
宮崎先生は、着物を選ぶときと同じように、《夢幻次元のパノラマ》を見た人は必ず16点の作品の中から好きな作品が一つは見つかると言われていました。ちなみに、私は、斜めに幾何学模様の走る山吹色の作品がお気に入りです!
会期終了の12月6日まで、あと2日ございますので、皆さんも会期中に是非お気に入りの作品を見つけにお越しください。(は)


会期
~12月6日(日)

開館時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

入館料
大人:300円(250円)
シルバー:250円(200円)
高大生:200円(150円)
小中生:100円(70円)
※()内20名以上の団体割引料金
※障がい者割引有、ココロンカード利用可
※65歳以上の方は、年齢確認のできるものをご提示ください。
posted by おかのやまへそ at 14:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする