2020年12月22日

西脇市美術協会展 VOL.4 彫塑・工芸展はじまりました

今日からアトリエでは、「西脇市美術協会展 VOL.4彫塑・工芸」を開催しています。
IMG_2993.JPG
陶芸の石井さんは、吹墨(ふきずみ)技法で、藍色の呉須を器面に吹き付けた作品です。イメージを伝えるため何度も色を重ね、わざと吹きムラを出すことにより深い表現を出しています。「ぜひ、全体と細かいところをよくみていただければいいと思います」とのコメントIMG_2990.JPG
です。荻野かおるさんの七宝作品は帯状の銀線を立て、色の境目を区切る方法で制作され、深みのある光沢は、何度も釉薬を重ね、そのたびに焼くことでうまれます。IMG_2996.JPG細かな作業を繰り返すことで、表現豊かな作品が出来上がり、見る者を魅了します。
6名の作家がそれぞれの世界を表現し、個性豊かな作品を展示しています。是非、ご高覧下さい。

会 期:12月22日(火)~令和3年1月17日(日) 午前10時~午後5時  ※最終日は午後3時まで
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始 12月28日(月)~1月4日(月)
出品者:石井宏志(陶芸)、岡井光代(織)、荻野かおる(七宝)、荻野和彦(彫塑・スケッチ)、仲田軍兵(立体)、藤井敦子(七宝)
作品点数:合計21点
※アトリエは入館無料
 
posted by おかのやまへそ at 18:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

第20回企画展「天国:寺門孝之」展スタート!

本日、12月19日から「天国:寺門孝之」展がスタートいたしました!

館内には、画家、イラストレーターとして多彩な活動を展開する寺門孝之さんの作品47点を展示しています!
IMG_1130.JPGIMG_1131.JPG
第1室では、1985年グラフィックアーティストの登竜門として知られる「日本グラフィック展」で5千数百点の中から大賞を受賞した《潮先》や、1990年代のコンピューターでの画像実験の日々の作品、神戸北野アトリエでの天使画の誕生から震災体験までの時代の作品を展示します。初期の貴重な作品群は必見です!
IMG_1134.JPG
第2室では、神戸北野アトリエで制作された黒い作品群《闇の妹》シリーズや、その後の、闇の夜明けのような《Holy Snow》、《宝太郎》といった色彩豊かな作品。展示ケースには「受胎告知」の場面を能にして、3次元のアートとして視覚化する新たなプロジェクトの創作過程で描かれたイメージ画も展示しています。
IMG_1136.JPG
そして、第3室では、寺門さんの代名詞ともいえる天使の作品を展示しています。
IMG_1137.JPGIMG_1139.JPG
展示室に天使が飛んでいるかのよう・・・☆
優しさに溢れるまなざしと、美しい滲みによって、柔らかな空気や輝くような光を放っています。
心が温かくなりますね♪

もうすぐクリスマス!この時期にぴったりの展覧会です!
皆様のご来館お待ちしております^^☆(は)


●会期:2020年12月19日(土)~2021年3月21日(日)
●開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
●休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日
    ※年末年始12月28日(月)~2021年1月4日(月)
●入館料:
大 人   300円 ( 250円)
シルバー 250円( 200円)
高大生  200円 ( 150円)
小中生   100円 ( 70円)
※()内20名以上の団体割引料金
※障がい者割引有、ココロンカード利用可
※65歳以上の方は、年齢確認のできるものをご提示ください。

posted by おかのやまへそ at 19:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

展示替え休館のお知らせ

当館は、12月7日(月)~18日(金)まで、展示替えのため休館します。
ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

次回企画展
本  館:「天国:寺門孝之」展 12月19日(土)~2021年3月21日(日)
アトリエ:「第2回西脇市美術協会展 VOL.4 彫塑・工芸」展 12月22日(火)~2021年1月17日(日)
posted by おかのやまへそ at 16:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする