2017年07月17日

アトリエにて「長井克憲」展本日より開催です!

今年10月に開催の第11回全国公募西脇市サムホール大賞展に併せて、前回の入賞者による展覧会を引き続きアトリエにて企画しております。VOL.4は、審査員賞(横尾忠則賞)を受賞された加古川市在住の画家、長井克憲さんです。
DSC_0177 (s).jpg
長井克憲さんは、1975年に加古川市で生まれました。
 小学生の頃、横尾さんの作品を見たことがきっかけとなり、絵を描き始めます。当初は人物を描くことに執着し、自分がかっこいいと思った作家の絵の模倣をしながら人物画を描いていましたが、人が生きる世界そのものが大きな生命体のように感じ、その後は、世界を想いながら風景画を中心とした制作に入ります。
 作品には、暗い室内や見慣れた夜の風景の中に光輝くクラゲや花、樹、宇宙等が重なるように描かれており、まるで星空を見ているかのようです。見たままの風景を具象的に描いた後、そこから感じる記憶、残香、意識といった抽象的な感覚を投影することで、現実と非現実が混在する幻想的な世界観の作品が生み出されています。
 人がいないのに人が存在する気配や、生命力に溢れる長井克憲さんの作品を是非、御高覧ください。

●作品数:16点
●会期:7月17日(月・祝)~8月6日(日)
●開館:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※最終日は午後3時まで
●休館:7月18日、24日、31日
※アトリエは入館無料

posted by おかのやまへそ at 14:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

「光の旅人-幸村真佐男」展スタートです!

本日より、第13回企画展「光の旅人-幸村真佐男」展がスタートです!
30℃を超す連日の暑さにも関わらず、たくさんの方に開会式にお越しいただきました。ありがとうございました。
DSC_0253(s).jpgDSC_0260(s).jpg

11時からは展示室に移動し、幸村さんと、当館客員キュレーター山﨑によるギャラリートークを行いました。DSC_0277(s).jpg
コンピュータを使ったアート作品の制作を始めたきっかけや、コンセプチュアルな非語辞典の見どころ、本来排除すべきノイズを積極的に多用し、新たな境地をひらいたデジタル写真の魅力など、たっぷりとお話しいただきました。

午後1時からは第3展示室で、対談「光の旅:メディアとからだ」幸村真佐男×山﨑均を行いました。
DSC_0351(s).jpg
スライドや映像を見ながら、幸村さんのこれまでの制作活動を時系列で追いながらお話しいただきました。コンピュータを使い、可能性と限界に挑み続ける幸村さんのパワーを改めて感じることができました。

「光の旅人-幸村真佐男」展は、2017年10月9日(月・祝)まで開催!
ぜひ、多くの方に宇宙のように壮大な幸村ワールドを体感していただきたいと思います。
皆様のご来館、心よりお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会期:2017年7月16日(日)~10月9日(月・祝)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日 
   ※8月は休館日なし
入館料:大人 310円( 260円)
    高大生 210円( 160円)
    小中生 110円(80円)
    ( )内20名以上の団体割引料金
    ※障がい者割引有、ココロンカード利用可
posted by おかのやまへそ at 18:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

からっぽ美術館Ⅱ 2日目です

お天気が少し心配でしたが、
朝10時から、親子でたくさん来て下さり
賑やかにスタートしました。
ぼかし.jpg
なかには、昨日参加された方が、今日も来て下さり熱心に制作されてました。
皆さん、お帰りの時には笑顔で、よかった~!楽しかった!!と言ってくださって、
神戸芸工大の先生、学生の皆さんも、美術館職員も楽しー2日間でした。お気に入りの出来上がり!!また、からっぽ美術館に遊びに来てくださいね~~
皆さん、ありがとうございました。
DSC_0159.JPG
posted by おかのやまへそ at 18:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする