2018年03月24日

木と80年代美術の異端児

西脇市岡之山美術館は1980年代に開館して今日に至っています。横尾忠則の当時の作品世界にあわせて建築家磯崎新が設計した極めて個性的な美術館です。
当館客員キュレーターを務めている筆者は、神戸芸術工科大学でミュージアムやイメージのことを専門にしていますが、この場をおかりして、美術館と美術の力、1980年代の美術のポストモダンの季節にスタートした当美術館と建築の面白さなどを、ご紹介します。
IMG_0565(S).jpg
 「アトリエの夢―かじ・おっと・みよし展」は3月25日(日)が最終日です。日本の80年代美術の異端児であり、独創的な幻視と幻想、風刺と諧謔にあふれた世界を追求した、かじさんこと東山嘉事の作品世界を知る貴重な機会となりました。かじさんと最も親しく交流したおっとは、かじさんのアトリエのさまとかじさんの肖像を3Dの立体写真で捉え、自らもみてふれ、身につけ、着て遊べる、とてもファッショナブルで自由奔放な木によるマジカルな造形をてがけています。西脇と神戸界隈の風景のエッセンスを木とダンボールによるインスタレーション形式で発表したみよしさん、現代美術家の宮崎みよしは、これまでの雲と空の木彫の幻の代表作とともに新作に挑みました。彫刻を手がけてきた作家らしく、とめどもなくなされるドローイングの触覚的な悦楽の庭園感覚が愉しめます。

80年代美術以降の木と空間をめぐる現代美術の試みのなかで、彼ら三人の軌跡は、日本美術の流れのなかで絶えることなく脈々と続く、木をめぐるさまざまな関心と感受性を正統に現代に継承・発展させたと考えました。木喰や円空などの木による作仏の系譜と現代の彼らの作品の特質にはも近しいものが発見できます。木をめぐる造形はしばしば作者が刻むもの以上のことを示したり、ほのめかしたり、語っています。樹木や木の生命へのアーティストらしいそれぞれの傾倒ぶりを比べてみるのは、とても面白いと思います。お花見の季節に、ぜひ木をめぐるアニミズム的なイメージ感覚、木と人と美術の思いがけない出会いを楽しんでみませんか。

次回は西脇の風景の魅力の一端について考えてみます。


山﨑 均(西脇市岡之山美術館客員キュレーター、神戸芸術工科大学教授、イメージ論)
posted by おかのやまへそ at 17:02| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください