2018年03月09日

アトリエ個展シリーズVOL.4「山田耕造」展開催中です!

ただいま岡之山美術館アトリエでは山田耕造さんの個展を開催しております。
山田耕造さんは、大阪芸術大学在学中より発掘現場の遺構跡をモチーフに油彩で平面構成的な抽象作品「時の跡」シリーズなどを描いていましたが、1998年から2年間兵庫教育大学大学院でアクリル技法の研究をする中で、様々な技法を試した抽象表現の作品を制作するようになります。次第に抽象から具象的な作風へと変化し、それまでは技法ごとに限定していた様々な表現を、組み合わせて作品化するようになりました。
IMG_0156(s).jpgIMG_0158(s).jpg
白線がひかれた地面に、揺らぐ木漏れ日、飛行機の影、思い思いに遊ぶ子ども達等、描かれているのは日常の風景。
山田さんは作品について「木漏れ日の中にいるとき風がそよぎ、木々が揺れて影が揺れる、地面に映った光と影が揺れ、地と図の関係があいまいになる瞬間があります。見ている物とは別の時空にいるような感覚があります。感覚を表現しようとした作品と、その状況を説明している作品、それを利用して別の主張を込めた作品というような展開になっています。」と語っています。
時間とともに変化する影に注目し、日常にある幻想的な世界を描き出す山田耕造さんの作品を是非、御高覧ください。



●作品数:13点(アクリル絵画作品)
●会期:平成30年3月6日(火)~25日(日)
●開館:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※最終日は午後3時まで
●休館:3月12日(月)、19日(月)、22日(木)、
※アトリエは入館無料
posted by おかのやまへそ at 16:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください