2018年02月18日

美術館講座 烏頭尾寧朗 「フロッタージュとスパッタリング技法を使ったイメージの世界」

美術館では、表現するための基礎を身につける事や、専門的な知識や技術の習得などを目的として講座を開催しています。
今日は烏頭尾寧朗先生を講師にお迎えしフロッタージュ(こすりだし)とスパッタリング(絵の具を付けたブラシをこする)技法を使い、「にじみ」と「ぼかし」の効果からイメージの世界を作ります。
DSC_0065.JPG
9名の受講生の方々が集まりスタートです!おなじみの方々もいらっしゃいます。いつもありがとうございます!(^^)
まずはフロッタージュに挑戦です!
美術館の中にある、凹凸のあるものの上に和紙を置き、パステルや水彩色鉛筆でこすりつけると、そのかたちが浮かびあがります。
DSC_0080.JPG
いろいろなかたちをこすり出します。
DSC_0074.JPG
フロッタージュした和紙を画用紙の上に置き、水を付けた筆やローラーで水彩色鉛筆を滲ませます。
DSC_0096.JPG
水をつけたり、破ったり折りこんだりとアレンジを加えることで、和紙が魅力的な素材に変化します。
DSC_0104.JPG
次はスパッタリングです!
きめの細かい網状のものに、絵の具をつけた歯ブラシをこすりつけると、霧吹きをしたような細かい絵の具が画面いっぱいに広がります。
DSC_0108.JPG
牛乳パックを好きな形に切り取り、マスクにするとことで、オリジナルの模様が作れます。

DSC_0112.JPG
絵の具を付けた網目を画用紙に押し当てたり、絵の具を落として、ストローなどで吹き付けたりなど、ほかにも様々な技法にチャレンジしました。
皆さんとっても個性的で魅力的な作品に仕上がりました。
DSC_0114.JPG
DSC_0138.JPG
画用紙いっぱいに作品が出来ると、次は構図を決めます。画面に広がりと動きが出るような構図になるよう、意識しながら、トリミングしていきます。
DSC_0139.JPG
構図が決まると、黒い画用紙に作品を貼り付けて完成です!
DSC_0134.JPG
DSC_0136.JPG
作業はとっても楽しくて時間があっという間に過ぎてしまいました。
烏頭尾先生は今回のワークショップが、皆さんの作品制作のイメージをさらに膨らますヒントになれればとおっしゃっていました。新鮮でとっても勉強になるワークショップで、イメージがさらに広がったように思います。
素敵なワークショップを開いてくださった烏頭尾先生、参加してくださった講座生のみなさん、今日は本当にありがとうございました。 (村上)

posted by おかのやまへそ at 17:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください