2017年03月05日

美術館講座 あさうみまゆみ サムホールサイズのガラス絵制作

 今日はアトリエ作家のあさうみまゆみ先生を講師にお迎えして、美術館講座「サムホールサイズのガラス絵制作」を行いました!
DSC_0224.JPG
 
「ガラス絵」とは、ガラスの板の片面にアクリル絵の具などで絵を描き、それを裏の面から観賞するものです。左右や描画の手順が通常とは逆であったり、あとから書き直しが出来ないなど、ちょっぴりややこしく、又、制約もありますが、独特のツヤと潤いのある世界が表現出来ます。

 まず、各自でどのような作品を作るか考えます。考えた下絵をトレーシングペーパーでガラス版に写します。アクリル絵の具で、下絵の主線をなぞっていきます。
DSC_0231.JPG

 なぞった主線が完全に乾くと、淡い色から順番に塗り絵のように絵の具を置いていきます。
DSC_0226.JPG

DSC_0238.JPG

 色を全て乗せると完成です!私も参加させてもらいましたが、制作はとっても楽しく、かじりつくようにして制作してしまいました!
DSC_0235.JPG

DSC_0236.JPG

 制作した絵画を裏返し、ガラスを通して観てみると、アクリル絵の具の色彩とガラスのツヤと潤いがマッチしていて、とってもきれいです。
二時間の講座時間でしたがあっと言う間に過ぎてしまいました。もっと制作したいと、作品を持ち帰る受講生の方もいらっしゃいました。
 とっても楽しい講座を開いてくださったあさうみ先生、参加してくださった受講生のみなさん、ありがとうございました!!
posted by おかのやまへそ at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: