2016年07月13日

木澤平通さんの水彩画を展示しています。

外でヒグラシの声が聞こえます。夏ですね。。。

さて、ただ今アトリエでは、それぞれの視点で個性豊かなアートシーンを展開している作家の個展をシリーズで開催しています。
VOL.1は、高砂市在住の画家、木澤平通さん。
S.jpg
木澤さんは、1954年に高砂市で生まれました。
 小学生の頃から画家を志し、2000年から独学で水彩画制作に取り組み、2005年に「全国公募春日水彩画展」で入賞、2007年に「第10回 全国公募川の絵画大賞展」で優秀賞を受賞するなど高い評価を得ている画家の一人です。また、高砂市美術協会理事や、絵画教室の講師を務めるなど地域の芸術文化の振興に貢献されています。
木澤さんは、写生のイメージとテーマを決めて、車で各地に赴き、感動した風景を滲みを生かした水彩で表現し続けています。
時間や季節の移ろいを瞬間的に切り取り取った田んぼや川、海をモチーフにした長閑な風景からは、刻々と変化する煌く光や、清らかな空気の甘い香りが漂い、清閑な自然が与える安らぎ、故郷への郷愁が蘇ります。
作品との合間にあるコメントも作家の人柄が垣間見えて楽しいですよ!

記憶の中にある感動を共有できる作品展。
是非、ご高覧下さい。(翠)

●作品数:22点
●会期:7月12日(火)〜31日(日)
●休館日:7月19日(火)、25日(月)
※アトリエは入館無料

posted by おかのやまへそ at 19:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自然界と一体を感じます。無理でしょうが、大作の過程が
Posted by 山本峰三 at 2017年03月03日 03:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: