2015年12月09日

「落直子」展12月27日(日)まで開催!

美術館の中庭前の森の落ち葉掃除が毎朝の日課になっています。落ち葉掃除をしていると年末だなあ~としみじみ感じる今日この頃。。。
はらはらと色づいた落葉が舞う美術館も素敵ですよ。

さて、岡之山美術館アトリエでは、12月27日(日)までアトリエ個展シリーズVOL.3「落直子」展を開催しています。
落さんは甲南女子大学人間関係学科を卒業後、服やアクセサリー好きが高じ、田中千代服飾学校にて彫金を学びました。平面絵画の制作は、20年前に兵庫県立近代美術館で行われていた絵画教室に通ったことがきっかけです。
体験した出来事なのか、妄想なのか・・・事実かどうか分からない記憶をひとつひとつ辿りながら描かれた未知の風景は、過去、現在、未来が絡み合い、泡のように生まれては消える感情や記憶、妄想を、すべて取り留めた落さんにとっての「桃源郷」です。
DSC_0537 (2)小.jpgDSC_0538小.jpg

樹木が風にそよぎ、自在に揺れ動いているかのような画面は、一見すると飴細工のようにデリケートですが、接近して見ると、細かい丸の集合体や幾何学的な模様の中に、デフォルメされた植物やインテリア用品、靴、バッグなど、作家の嗜好が垣間見えるモチーフが、ペンや墨の強い線で装飾的に描きこまれており、通常では見る事の出来ない作家の脳細胞を顕微鏡で覗き見ているかのようです。
また、所々にあしらわれた金泥が星のような光彩を放ち、神秘的な光景が浮かび上がります。
見る位置によって、様々なモチーフが見え、とても楽しい桃源郷シリーズ。
是非、美術館でご覧ください♪(翠)


●作品数:13点
●会期:12月8日(火)~12月27日(日)
●休館日:12月14日(月)、21日(月)、24日(木)
※アトリエは入館無料
posted by おかのやまへそ at 11:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください