2020年11月22日

宮崎興二展関連事業「ギャラリートーク」を開催しました。

今日は良いお天気の中、宮崎興二展関連事業「ギャラリートーク」を開催しました。
コロナウイルス感染症予防のため、限定10名という少人数の募集だったので、あっという間に定員いっぱいとなりました。
IMG_2823(s).jpgIMG_2825(s).jpgIMG_2854(s).jpgIMG_2848(s).jpg
各展示室を巡りながら、なぜ四次元の作品を描くようになったのか、四次元の理論や、制作プロセスなどを、宮崎先生の「すなおでないことをすなおに行う」という生き方を交えながら、楽しくお話しくださいました。

ギャラリートークの後は、中庭で宮崎先生を囲んで質疑応答の時間。
とても有意義な時間を過ごすことができ、楽しい一日になりました。
IMG_2868(s).jpg

ご参加いただいた皆様、宮崎先生、ありがとうございました。(は)
posted by おかのやまへそ at 18:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

烏頭尾先生による「線で描くイメージの世界」の講座開催

鮮やかな紅葉の季節になりました。今日は、朝からお天気も良くたくさんの方がへそ公園に遊びに来られました。
美術館では、午後から烏頭尾先生の美術館講座です。
美術館講座は自分の作品を広げてゆくための手法を学ぶ機会を作っています。
講師の烏頭尾先生の講座は、いつも楽しく、毎回新しいことを分かりやすく教えて下さります。今回は「線」による表現を学ぶためにまず、
鉛筆や、竹ペンを使って絵を描きます。IMG_2767.JPG
線は、うすい線、細い線、太い線、濃い線・・色々な線で描きます。その次に色を塗ります。線の中や上に塗ると単調になるので、線とは
関係のない、色の分割をするように塗ればいいそうです。そして薄く塗った方が線の効果が出て良いそうです。「思い切って描くように。」
と皆さんにアドバイスをいただきました。IMG_2780.JPGIMG_2784.JPG
最後は作品を並べて先生に作品の講評をいただきました。IMG_2788.JPG烏頭尾先生今回も楽しい講座をしていただきありがとうございました!!
今日は身近な道具で絵の具をたらす、遊んでみる・・それによっていろんな線のリズムが出来上がってくる。色のにじみだったり、線の強弱が偶然もたらす線の面白さが人それぞれで見ていて楽く、表現の仕方に制限がないなと感じました。



posted by おかのやまへそ at 17:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

「西脇市美術協会展VOL.3洋画・デザインⅢ」 はじまりました

10日から11月29日(日)まで西脇市美術協会展VOL.3洋画・デザインⅢを開催しています。
IMG_2724.JPG
IMG_2731.JPG
米田さんの作品は海外旅行で撮られた写真に、他の風景を重ねて描いたものや、新聞記事の一コマから新しい空間を作り出し描かれた作品など4点を展示。
IMG_2732-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpg
デザイン部門の湯浅さんは100cm×70cmの紙に、アクリル絵の具と、ポスターカラー(水彩)を使い、手書きで緻密に描かれた作品を。
IMG_2733.JPG
西井さんの作品は、時間と空間をひとつの絵にまとめられた物語性のある作品です。藤原さんは、鮮やかな色彩とおおらかな表現で描かれた「聖観音・魔女にあらず」シリーズ4点です。IMG_2734.JPG
今の時期は、モミジなど紅葉がきれいなへそ公園を散策がてら、美術館にも、ぜひ、お立ち寄りください。
※最終日午後3時まで。休館日:月曜日、祝日の翌日

posted by おかのやまへそ at 11:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする