2019年08月25日

アトリエ個展シリーズVOL.2「廣田美乃」展8月27日(火)~9月16日(月・祝)まで開催!

暑い日が続いていましたが、数日前から涼しくなって、ずいぶんと過ごしやすくなりました^^

さて、当館アトリエでは、8月27日(火)~9月16日(月・祝)まで京都市在住の現代美術家、廣田美乃さんの個展を開催いたします。

廣田さんは、1987年京都市に生まれ、2011年に京都市立芸術大学美術学部美術科油画専攻を卒業し、2013年に「京都美術ビエンナーレ」産経新聞社賞、「2013京展」で市長賞を受賞するなど注目を浴び、個展やグループ展開催、新聞コラムの挿絵の仕事等、精力的に活動を続けている現代美術家です。
廣田さんは、日常の中の些細なこと、気がつくと消えてしまう、言葉にするには難しいその瞬間を繊細に描いた作品を生み出しています。現在の作風に至ったのは、子どもの頃、考えを説明したり、思っていることを言葉に表すのが苦手であった為、ぴったりな言葉が当てはまらないものも、視覚的なもので伝えることができるのではと考えたことがきっかけでした。
IMG_9561.JPGIMG_9562.JPG
描かれた人物は、心ここにあらずといった虚ろで物憂げな表情で描かれています。しかし一度目にしたら忘れられない強い魅力を湛えています。
感情を掴むことが難しい表情や姿からは、描かれた人物が自身の内面を見つめ、物思いに耽る精神世界と、他人にうまく伝えることができない各個人が持つ想い、自我の強いエネルギー、目には見えない心の機微がよりリアルでストレートに表現されていることが伝わってきます。

ささやかな日常の中にあるふとした瞬間や感情を丁寧に描いた18点の作品を是非御高覧下さい。


●作品数:18点
●会 期:令和元年8月27日(火)~9月16日(月・祝)
     午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
     ※最終日は午後3時まで
●休館日:9月2日(月)、9日(月)
※アトリエは入館無料
posted by おかのやまへそ at 16:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

夏休みワークショップ開催!

お盆も終わり夏休みも残り少なくなってきました。残暑厳しい中、今日は午後から元気なこどもたちが美術館に集まってくれました!!
今年の夏休みワークショップは「夏色のコースターを染めよう!藍の生葉染めワークショップ」です。当館では、はじめて染色のワークショップをしました。
淡路島で育った”おのころ藍”の生葉で染液を抽出し、大豆、ビー玉、おはじきなどを輪ゴムで絞ったり、折った布を割りばしで挟んだりと、自由に模様を作ります。絞ったり、割りばしで挟んだところは色が入らないので、白く残ります。1-3-1.jpgどんな模様にしようか・・・出来上がりを想像しながら、
思い思いに絞って行きます。そして、みんなで藍の生葉をちぎり、ミキサーにかけ、染液を作り、いよいよ布を染めます1-4-1.jpg1-5-1.jpg1-6.JPG1-7.JPG1-8.JPG
「生葉から作る」というとても貴重な体験ができました。参加してくれた子どもたちも良い思い出になったかな?
完成作品です!!1-9-1.jpg
根岸先生ありがとうございました。12月17日からアトリエでの展覧会も楽しみです。宜しくお願いいたします。
posted by おかのやまへそ at 17:57| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

アトリエ個展シリーズVOL.1「角間好」展は8月6日(火)から開催します!

当館アトリエでは、作家の個展をシリーズで企画しており、8月6日(火)からは、明石市在住の画家、角間好さん(1953年~)の展覧会を開催いたします。
角間さんは、ユーモア・笑いをベースに、人々の日常や暮らし、空想の建築物、文字、吹き出し等、様々な要素を画面上で混在させて緻密に描く画家です。
10代の頃は松本竣介、20代の初めは河野通紀に憧れ、その表現を真似た作品を制作されていましたが、30代になり、平賀敬、アンソニーグリーン、篠原有司男、レッドグルームス、川原田徹らの作品を知ったことで、「表現で一番大切なのは人まねで無い、自分独自の表現である」ということに気が付き、それからは、オリジナリティを第一に制作を続けられています。
IMG_9185(s).jpgIMG_9182(s).jpgIMG_9184(s).jpg
出品作品《北京を見る》では、気の抜けた表情でテレビを見る家族がリラックスした様子で描かれています。部屋の窓からは、子どもたちが列をなして歩いている姿、ショーウインドウを眺めている人も見えます。人々の何気ない日常がそこかしこに散りばめられ、眺めるほどに新たな発見があり、楽しい世界が生み出されています。
本展では、暮らしの中にあるふとした瞬間を俯瞰で捉えたアクリル画や、キャラクターを模した空想の建築物がユニークな絵画、貴重なエスキース等24点の作品を展示しています。是非御高覧下さい。


●作品数:24点
●会 期:令和元年8月6日(火)~8月25日(日)
     午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
     ※最終日は午後3時まで
●休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日
    ※8月13日(火)は臨時開館
※アトリエは入館無料
posted by おかのやまへそ at 19:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする