2017年05月19日

「平慎介」展好評開催中です!

ただ今、岡之山美術館アトリエでは、第11回全国公募サムホール大賞展の募集に併せて、前回の第10回展の入賞者による展覧会を企画しております。
VOL.2は、審査員賞(山﨑均賞)を受賞された東京都在住の美術家、平慎介さんです。
平慎介さんは、1975年鹿児島県に生まれ、2003年「GEISAIミュージアム」で蓑豊賞、2011年「YOUNG ARTIST JAPAN Vol,4」で近藤俊郎賞、2013年に「TDW ART FAIR」で準グランプリ、2015年には「雪のデザイン賞」でグランプリを受賞したほか、国内外の個展、グループ展に参加するなど精力的に活動している美術家です。
平さんの作品は接着剤を何度も往復させることで生み出された線を、幾重にも重ね合わせ集積する気の遠くなるようなプロセスを経て創られています。
DSC_0180(s).jpgDSC_0182(s).jpg
繊細な糸のような線をリズミカルに並列したり、肌理の細かい骨の様な帯を、抑揚をつけながら重層的に組み合わせたりすることで、無機質な素材でありながら、脈打つ神経細胞や未知の生物の骨格構造を思わせる強い生命力をはらんだ造形を生み出しています。
アクリルケースの中に閉じ込められたナイーブな造形は、無重力空間を浮遊するようにゆらめき、絡み合い、作品の奥へ奥へ、未知の領域へとわたしたちを誘います。
平慎介展は、5月28日(日)まで開催しております。是非、御高覧ください。

■作家コメント
「私は、多種多様なものから影響を受け、創作のヒントとなっています。それは、自然界のものであったり、人が作り出した造形物であったり、音楽、書、人体など様々です。私が魅力を感じものには、強弱が見て取れるもの、リズム(流れや反復など)、緊張感があるもの、集積、などと色々な要素が含まれているのですが、これらの要素を組み合わせ、私自身が思う美しい形を追い求め作り続けています。」

●作品数:16点
●会期:~5月28日(日)
●開館:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)※最終日は午後3時まで
●休館:月曜日
※アトリエは入館無料


posted by おかのやまへそ at 18:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

子どもの日ワークショップ「折り染め鯉のぼりと虹スコープづくり」

 今日は岡之山美術館とテラ・ドーム共同企画「色で遊ぼう!折り染め鯉のぼりと虹スコープづくり」を行いました。
 和紙の折り方とインクのつけ方によって、思いもよらない模様が楽しめる染色技法「折り染め」を使ったカラフルな鯉のぼりと、光の中にかくれている色を見ることができる「虹スコープ」を16名の子どもたちと一緒に作りました。
 
まずはお折り染め鯉のぼりづくりスタートです!
鯉のぼりの型(大、中、小)が描かれた和紙を山折り、谷折りを連続させながら折ります。
DSC_0188.JPG
折り目ごとに思い思いの色をつけます。
DSC_0194.JPG
色をつけたところを指でしごき、紙に色をしみこませていきます。絵の具の色を変えてこの操作を繰り返すと、他の色同士が混ざり合い、美しい色と模様が浮かび上がります。
DSC_0201.JPG
DSC_0202.JPG
破れないようにゆっくりと開き、外に干します。今日はとっても良い天気で、並べた折り染和紙の色鮮やかな眺めが壮観です。
DSC_02162.jpg
DSC_0223.JPG
乾かしている間は、テラドームによる虹スコープづくりが行われました。
完成した虹スコープを光にかざして中を覗くと、キラキラとした様々な色をみることができます!
DSC_0232.JPG
虹スコープに余った和紙などをコラージュして、デコレーションしてみました。(^^)
DSC_0269.JPG
虹スコープづくりが終わると、折り染め和紙が乾いたので、鯉のぼり型に和紙を切り、糊しろを付けて鯉のぼりの形を作ります。
形が出来ると、鯉のぼりに目と模様を描き、完成です!
DSC_0261.JPG
うろこの模様がハートマークだったり目がきらきらしていたり、一つ一つがとても魅力的で個性的な鯉のぼりが出来上がりました!!
DSC_0277.JPG
DSC_0286.JPG
DSC_0288.JPG
今日は子どもたちの元気いっぱいで素敵な作品に触れることが出来、良い刺激をたくさんもらいました。(^^)
参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
posted by おかのやまへそ at 18:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする