2016年11月27日

第11回企画「山田脩二-日本村・日本旅・日本晴れ-」展

本日より、第11回企画展「山田脩二-日本村・日本旅・日本晴れ-」展がスタートです!
雨の中、遠方からたくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございました。

DSC_0386.JPG
開会式の後の「ギャラリートーク」では、山田先生の楽しいおしゃべりで、アッ!という間に時間が過ぎました。ブログ使用写真1.jpg

午後2時からはアトリエで「スライドショー&対談」のイベントです!
山田さん自らスライドプロジェクターで作品を上映しながら当館キュレーターの山﨑さんと対談しました。

ブログ使用写真2.jpg
淡路島の夢舞台や、7万枚もの瓦を積み重ねた青海波ピラミッド等山田さんが手がけた瓦の仕事の裏話や、全国津々浦々をまわられた際の都市と日本の原風景の見どころ、瓦の魅力など、冗談も織り交ぜながらたっぷりとお話しいただきました。お客様と対話するような場面も多々あり、何度も笑いが起こって和やかで素敵なイベントとなりました。

「山田脩二-日本村・日本旅・日本晴れ-」展は、2017年3月26日(日)まで開催!
昭和から、現代まで新旧が激しく混じり合って変容する姿を映しだした写真、西脇をイメージしたここでしか見ることのできない瓦の展示など見どころ満載の展覧会です!
ぜひ、多くの方に足をお運びいただき、ご高覧いただきたいと願っております。(T&翠)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会期:2016年11月27日(日)~2017年3月26日(日)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日 ※年末年始12月29日(木)~1月3日(火)
入館料:大人 310円( 260円)
    高大生 210円( 160円)
    小中生 110円(80円)
    ( )内20名以上の団体割引料金
    ※障がい者割引有、ココロンカード利用可

posted by おかのやまへそ at 20:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

11月26日(土)まで休館

おかげさまで、堤展子「生きもの・やきもの・かわりもの」展は、13日(日)に無事に終了しました。
たくさんの方々にお越しいただき、特に子どもたちが龍を怖がって逃げたり、サンショウウオを見て笑顔になったりと楽しく作品鑑賞していただけたのが嬉しかったです。
作品返却も完了し、美術館は空っぽの状態。
IMG_1402.JPG



次回展「山田脩二―日本村・日本旅・日本晴れ―」展に向けて、当館は11月26日まで休館しております。

「山田脩二―日本村・日本旅・日本晴れ―」展は11月27日(日)午前10時にオープン。
名称未設定-1.jpg
当日は下記のイベントを開催いたします!。

⑴ 山田脩二とキュレーターによるギャラリートーク
展示室を歩きながら作品の見どころを解説します。
日 時:11月27日(日)午前11時~11時30分
会 場:本館
参加費:無料
キュレーター:山﨑均(当館客員キュレーター、神戸芸術工科大学教授)

⑵ スライドショー&対談
「山田脩二(写真家・淡路瓦師)×山﨑均(当館客員キュレーター・神戸芸術工科大学教授)」
山田脩二がスライドプロジェクターで作品を上映しながらキュレーターと対談します。
日 時:11月27日(日)午後2時~3時
会 場:アトリエ
参加費:無料(要入館料)
定 員:20名 ※要予約
申込み・お問合せ:西脇市岡之山美術館(0795-23-6223)

山田脩二ファン必見の内容です!
「ギャラリートーク」はどなたでもご参加いただけますが、「スライドショー&対談」は定員20名です。
先着順なので興味のある方はお早めにご予約下さい。
まだまだ参加者募集中!皆様のご予約お待ちしております。(翠)
posted by おかのやまへそ at 13:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

「堤展子 生きもの・やきもの・かわりもの」展は11月13日(日)まで!

出勤時に虹が!
DSC_0359.JPG
あまりにきれいなアーチだったので、美術館前で撮影しました。
癒されます・・・・。

さて!7月から開催していた「堤展子 生きもの・やきもの・かわりもの」展は、いよいよ13日(日)までとなりました。
まだ来ていない!という方、、、、、
大丈夫です。
まだ2日ありますから・・・!

初期の大作ドラゴンビルディングを見れる機会はなかなかないですし、カッパの住む洞窟をイメージした展示は、堤作品と磯崎建築が響きあう、ここでしか見ることのできない特別な空間なので是非見ていただきたいです!

そしてお客様に大人気なのはサンショウウオの作品!
空間全体を使った堤さんらしい展示はとてもダイナミック。
サンショウウオは、3000万年前から現代まで姿を変えずに生きていることから生きた化石と呼ばれ、特別天然記念物として大切に保護されています。
残念なことに最近は環境問題や外来種の問題もあり数を減らしていますが・・・

堤さんは時代に取り残される切なさといつまでも変わる事のない凛とした美しさを持つサンショウウオに魅力を見出して制作に取り組まれています。
大きな口に、粘膜で覆われたぬるぬるの皮膚。サンショウウオの特徴をしっかりと捉えていますが、ユーモアのある可愛らしい表情^^
IMG_0304.JPG
よく見るとサンショウウオの頭には何やら小さな突起物が・・・?
よーーーくみると・・・
IMG_1317.JPG
じつはこれ、松の木なんです!
鮮やかで装飾的な体の模様は波を表現^^
つまり海と海岸に立つ松の木の景色が表現されているのですが、松の木がこのサイズと考えると、、、、
とんでもないスケールのサンショウウオである事が分かります!!
他にもお坊さんや、ビルを乗せているサンショウウオもいるので実際に見に来てください^^

11月13日(日)午後4時半まで開催!
皆様のご来館お待ちしております。(翠)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1階のグッズ売り場では、堤展カタログを販売しております。

総30ページ、出品作品はすべてカラー掲載!さらに堤さんのインタビューページでは制作にかける想いを語っていただいており、見どころ満載の内容です。
購入ご希望の方はお電話か、FAX、メールにてお問い合わせください。
TEL/FAX : 0795-23-6223
E-mail : okanoyamamuseum@galaxy.ocn.ne.jp




posted by おかのやまへそ at 18:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする