2016年10月28日

藤井のぶお展開催中!

もうすぐ11月ですね。西脇もかなり寒くなってきましたが、幼稚園の子どもたちが朝からへそ公園へ遠足に来ていました。子どもたちは元気いっぱいですね~

さて、現在、アトリエでは洲本市在住の画家、藤井のぶおさんのユニークな作品を展示しています!
DSC_1868(s).jpg
藤井のぶおさん(徳島県出身 1963年~)は神戸二紀展で兵庫県知事賞、兵庫県展で県展大賞を受賞するなど多くの公募展での受賞を重ね、個展やグループ展等で精力的に活動を続けている洲本市在住の画家です。
1984年嵯峨美術短期大学洋画科を卒業し、漫画家を志して活動を続けていましたが、芸術集団「十の会」に所属したことをきっかけに本格的に絵画制作に取り組み始めます。
ヴァイオリンと少女を題材としたストレートな表現の作品を描いていましたが、2010年に「祝い」をテーマに作品を制作し突如絵の中に“鯛”が登場します。以後写実的に丁寧に描きこまれた女子高生がいる淡路の風景の中に、漫画を彷彿させる黒い輪郭線が施された巨大な鯛が浮かぶ不思議な絵画を継続して描くようになります。
《来る日》は人気のない街中に佇むブルーシートで保護された崩れかけの住宅の前で、少女が携帯電話で話している様子が描かれています。会話に夢中になっているのか、ただ関心が無いのか、後姿の少女の表情を窺い知ることは出来ないもののリラックスした立ち振る舞いからは、画面の半分を覆ってしまうほど巨大な赤い鯛の存在に全く気がついていない様子が伝わります。画面の中で繰り広げられる不穏かつコミカルな光景は、感情表現が乏しく、対人関係が希薄となり、社会から孤立してゆく現代社会の問題を冷静にとらえる作家の批判精神を代弁しているかのようです。実在する風景と、二次元的要素を織り交ぜるように対比させる事で、逆に普段無関心になってしまう様々な情報や出来事の存在を強く照らし出し、関心をもって不安と向き合う力を与えられるようです。
藤井のぶおさんの超現実世界。是非ご高覧ください。(翠)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●作品数:24点
●会 期:~11月13日(日)
●休館日:10月31日(月)、11月4日(金)、7日(月)
※アトリエは入館無料


posted by おかのやまへそ at 17:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

抽象画家の三沢かずこさんの作品を展示中です!

セーターを着てきましたが寒くて寒くて、一気に冬になってしまいそうですね!

DSC_1746(S).jpg
さて、アトリエでは抽象画家の三沢かずこさんの展覧会が好評開催中です。
三沢さんは1950年長野県長野市に生まれました。10代の頃、文学を志しますが、70年安保闘争の為、文学部への大学進学は叶わず、その後結婚を機に写真、書道、水墨画、日本画等様々な自己表現の模索を経て、武蔵野美術大学短期大学通信課程で本格的に油彩を学びます。和紙、墨、岩絵の具、アクリルなどを用いたミクストメディアによる半抽象作品を描いていましたが、具象を織り交ぜるゆえの説明的な表現に疑問を抱き抽象絵画に移行します。抽象を探求する中、絵の具箱から真っ先に取り出し、心が落ち着く色が「青」である事に気付きます。固有のフォルムとイメージを限界まで廃し、強い関心を寄せる「青」の色彩をとことん見つめ追及する作業は、自身の想いをリアルに表現する事に最も適していると考え、以後約20年に渡り、青の作品を描き続けています。
キャンバスを覆う青の画面の中で突如湧き上がる緑、黄、白等の木漏れ日のような煌く色彩は、安寧とした精神の中に現れる剥き出しの意識の塊を映し出した秘密の光景のようでもあり、また、色彩に命が宿り、躍動する奇跡の瞬間を垣間見ているかのような神秘的な景色のようでもあり、観る者の想像力を刺激する温かなエネルギーに満ちています。特定の色彩を追及する無機的とも思える試みを、有機的世界へと昇華さる作家の「青」への情熱を是非ご高覧ください。(翠)

●作品数:10点
●会期:~23日(日)
※休館日:17日(月)
※アトリエは入館無料
posted by おかのやまへそ at 18:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

「ここで焼くよ!堤展子のワクワク♥楽焼体験!」ワークショップを行いました!

今日は本館ギャラリーで開催中の「堤展子-いきもの・やきもの・かわりもの」展の関連事業として、堤展子先生を講師に迎え、「ここで焼くよ!堤展子のワクワク♥楽焼体験!」ワークショップを行いました!

今朝まで降り続いた雨も上がって、午後にはすっかりいいお天気^^
堤先生の助手さんと、大阪産業大学の学生さんにもお手伝いいただき、17名の参加者とともに楽焼体験スタート!
堤先生に作っていただいたサンショウウオと貝の素焼きの中から好きなものを選んで、釉薬をつけていきます。やっぱりサンショウウオの形は人気です!
貝の形も入れ物として使えるので、女子に人気でした^^
テスターで焼き上がりの色を想像しながら釉薬を選び、塗るのではなく、乗せるように染付します。
素焼きに釉薬があっという間に吸収されて、なかなか難しい・・・でも楽しい!!!
1(s).jpg
皆さんどんなふうに焼きあがるのかなあ?と想像しながら釉薬を重ねていかれていました。
IMG_1171.JPG
染付が完成したら約900℃に熱した窯で焼いていきます。
IMG_1178.JPG
15分くらい待って、窯から真っ赤になった作品を取り出し、もみ殻の中で粗熱を取り、お水で冷ますと完成です!
DSC_1782(s).jpg
「すごーい!!」と歓声が起こり、焼成前と後の釉薬の表情の変化に皆さんびっくりされていました。
グレーの釉薬がキラキラとした玉虫の様な色彩に変化したり、赤い釉薬が金箔をはったようにまぶしい輝きを放ったりと、焼きあがるまでどのような色彩になるのかわからない陶芸ならではの面白さや奥深さを感じ取っていただけたようです。
皆さん笑顔だったのがとても印象的でした^^
次も参加したい!と言ってくださる方もいて、楽しい思い出を作っていただけたようです^^
とても素晴らしい一日となりました。
参加者の皆さん、堤先生、助手さん、お手伝いの学生さん、ありがとうございました(翠)

posted by おかのやまへそ at 18:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする