2016年08月30日

あおぞら

朝夕に、秋の気配を感じるこの頃です。。
昨日の激しい雨の後、今日はこんなに良いお天気になりました!!
あまり暑くもなく、へそ公園のお散歩日和です。
DSC_1656.JPG
青空がとてもきれいだったので一枚撮りました。(T)
posted by おかのやまへそ at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

カエルが!!! 美術館の過ごし方(続編)

「堤展子 生きもの・やきもの・かわりもの」展に併せて、研修室では、美術館にご来館いただいたお客様が楽しんでいただけるようにと「折り紙で生きものを折ってみよう!」のコーナーを作っています。

皆さん、一生懸命折り紙を折っているなあと思っていたのですが、
今朝、美術館に出勤すると・・・・

kaeru.jpg

カエルがいっぱい!!!!!
5匹家族ですね。
かわいい・・・

カエルは少ないものだと500個、多いものだと20,000個の卵を産むそうです・・・・\(^o^)/!

子だくさんですね!でもオタマジャクシから立派なカエルに成長するまで、生き残ることが出来るのはほんの一握り・・・選ばれしカエルさんですね。

果たして、堤展子展会期終了までに何匹のカエルの折り紙が折られるのか・・・・

楽しみです。
皆様のご来館、お待ちしております。(翠)


■会  期  平成28年7月10日(日)〜11月13日(日)
■開館時間  午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休 館 日  8月は休館日なし ※9月以降は、月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日  
  
posted by おかのやまへそ at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトリエでは「中山トモ子」展開催中です。

もうすぐ8月も終了ですね〜。
夕方くらいになると、すこーーーしだけ涼しくなってきたような気がします。


さて、風景画の「木澤 平通」展、「足立 進」展が終了し、
雰囲気がガラリと変わって、現在、抽象画家の「中山トモ子」展が開催中です!

中山トモ子さんは、1943年に新潟県に生まれました。
2004年に『神戸市展』で神戸市長賞を受賞。県内ギャラリーを中心とした個展の開催やグループ展への出品を続け、現代美術集団「ポウ展」のメンバーとしても活躍しています。
 当初は、具象画を描いていましたが、自然を抽象で描けば、もっと楽しく表現する事が出来るのではないかと考え、以降「移りゆく季節」をテーマとした制作を続けています。
中山トモ子写真(s).jpg
可憐にほころぶ桜色や、日溜まりのように暖かな黄色、澄みわたる青空のような空色、萌えるような若草色といった煌く色彩を、新芽が芽吹くような初々しいタッチや、ふわふわとした柔らかなフォルム等多彩な表現を用いて油彩で描き、さらに、糸のように繊細で滑らかな線をキャンバスの上で躍るように描きます。この繊細な線は、複数の作品に現れ、眼では見る事の出来ない鑑賞者と作品を繋ぐ空気や、吹き抜ける風を見える形として昇華しているかのようです。季節の訪れを知らせ、次の季節へと駆け抜ける風の軌跡を辿るように、爽やかな空気に包まれた展覧会場は、室内を飛び出して、青空の下を散歩している時のような清涼感で満たされています。
立体作品の《ニギヤカナ会話》はグネグネと伸びる針金の先に、白い球体が取り付けられ、ふわふわと揺れ動いています。朝露をいっぱいにつけた植物が風に揺られているかのようです。
本展では平面作品14点、立体作品1点を展示しています。豊かな生命と自然の息吹を捉えた中山トモ子さんの作品展。是非ご高覧ください。(翠)


●作品数:15点(油彩による平面作品14点、立体作品1点まで)
●会 期:8月22日(月)〜9月11日(日)
●休館日:9月5日(月)
※アトリエは入館無料

posted by おかのやまへそ at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする