2016年02月21日

美術館講座「色彩の魅力と形」

今日は、アトリエで個展中の、大森翠先生による美術館講座、「色彩の魅力と形」を開催しました。
定員いっぱいの10人でのスタート。

売っている色をなるべく使わないように、赤、黄、青の三色を使います。
最近では、パステルカラーや、ビビットな色の絵の具も、たくさん売っていますが、
殆どの色が自然界では存在しません。
自分で色を混ぜ、紫のアネモネの花を描いていきます。
普段あまり絵を描かない参加者の方も、とても上手に描いておられました。
DSC_0839.JPG
色づくりに慣れたところで、色立体を使っての、色の見え方のお話。
隣り合う色などによって、同じ色でも見え方が違って見える事があるそうです。
例えば写真のグレー、左右どちらも同じ色ですが、白に囲まれている方が、濃く見えませんか!?
DSC_0846.JPG
このことを「明度対比」と言うそうです。
他にも「彩度対比」など、様々な色の見え方のお話。
DSC_0844.JPG
色への意識が高まったところで、それぞれが感じる、「前向きな絵」、と「後ろ向きな絵」を、
一枚の紙に描きます。
色から受けるイメージで、絵の見え方も変わってきます。
絵を描かれる方は、今後の絵にも生かせそうですね。
DSC_0856.JPG
大森先生、参加者の皆さん、ありがとうございました。
大森先生の個展は3月6日まで、アトリエにて開催しております。
入場無料!
ぜひご高覧ください!!!  
            (智)







posted by おかのやまへそ at 17:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

「大森 翠」展開催中です!

ただ今、美術館アトリエでは大森翠さんの個展を開催しております。
大森翠さんは、1945年4月12日に大阪府吹田市に生まれ、1968年に京都市立美術大学洋画科を卒業し、カネボウ㈱でテキスタイルデザイン、ハイスピリット㈱でテレビコマーシャル制作に従事するなど様々な領域の仕事に取組みました。その後、画家を志し1975年から3年間フランス政府の給費留学生として国立ニース美術学校と国立パリ高等美術学校で絵画を学びました。
京都市立美術大学在学中は、不条理な世の中に対する納得出来ない衝動を、抽象と具象が入り混じる裸婦画に託し描いていましたが、留学時に見た西洋人の鮮烈な色感にショックを受けて以降、色彩に強いこだわりを持ち、新時代の抽象画を目指した作品に取り組むようになりました。
生命力あふれる色彩は、原色そのままのギラギラとしたものではなく、複数の混色による深みに満ちた彩度で輝き、さらに、この色彩で描き出された躍動する筆触の形態と、寄り添うように構築された余白によって、様々な想像が引き出され、モチーフの形象を抽象化したものであると気づかされます。
DSC_0824.JPG
本展では、大森さん自らがデザインしたテキスタイルをコラージュした墨の曲線と直線が美しい「星座-墨」シリーズ3点や、方向音痴による経験を込めた「地図‐(体内コンパス)Blue-’10」等、10点の作品を展示しています。
ぜひご高覧下さい!

そして、明日は大森さんによる美術館講座「色彩の魅力と形」を開催します!
まだ定員に少しだけ余裕があるので、参加受付中です(^○^)!!!
未経験の方でも、興味があれば是非ご参加くださいね♪(翠)

参加ご希望の方は、
TEL/FAX : 0795-23-6223
E-mail : okanoyamamuseum@galaxy.ocn.ne.jp
までご連絡ください♪


日 時:2月21日(日) 午後1時半~3時半
場 所:西脇市岡之山美術館研修室
講 師:大森翠先生(美術家、元京都市立芸術大学・京都造形芸術大学講師)
受講料:2,000円
持参品:筆記用具
    筆
    アクリル絵の具(当館でも多少は用意しています。)
    ドライヤー
    日常で自分が使用している絵の具(油、アクリル、水彩絵の具・パステル等)をお持ちください。
普段 どのような色を使用しているのか、先生が見られます。)

posted by おかのやまへそ at 16:49| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

<募集中>2月21日(日)に美術館講座開催します!

こんばんは!今日は春みたいに温かくてとっても気持ちの良い一日でした~!

さて、
2月21日(日)に、大森翠先生指導の下、美術館講座「色彩の魅力と形」を開催します!
今回岡之山美術館で初めて講師をしていただく美術家の大森翠先生は、以前、京都市立芸術大学や京都造形大学で講師をされていた方で、心にスッと浸透するような鮮烈な色彩が魅力的な作品を多く生み出されています。

普段自分が使っている絵の具(油彩、水彩、アクリル、パステルetc…)を大森先生に見ていただいたうえで、色立体を基に自分で色をつくり、どのようにして色彩と心情を作品に反映するかを分かりやすく指導していただきます。
色を中心に学ぶ機会もなかなか無いのでとても貴重な体験になると思います!

それぞれの個性を絵の具に込めて、あなただけの色彩感覚を作品に投影し、色が語りだすような印象的な作品を表現する技術を学びませんか?

初心者でも大歓迎です!
参加ご希望の方は岡之山美術館までご連絡ください~♪♪♪♪(翠)
TEL/FAX : 0795-23-6223
E-mail : okanoyamamuseum@galaxy.ocn.ne.jp


日 時:2月21日(日) 午後1時半~3時半
場 所:西脇市岡之山美術館研修室
講 師:大森翠先生(美術家、元京都市立芸術大学・京都造形芸術大学講師)
受講料:2,000円
持参品:筆記用具
    筆
    アクリル絵の具(当館でも多少は用意しています。)
    ドライヤー
    日常で自分が使用している絵の具(油、アクリル、水彩絵の具・パステル等)をお持ちください。
普段 どのような色を使用しているのか、先生が見られます。)




posted by おかのやまへそ at 18:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする