2015年11月18日

加藤寛美展開催中です!

雨が続いていますね〜
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、現在、岡之山美術館アトリエでは、加藤寛美さんの個展を開催しております!
加藤さんは、1944年に兵庫県姫路市で生まれました。
国際フランス展で大賞を受賞、さらに日展では特選を2度受賞するなど、高い評価を受けている画家の一人です。
4歳で熱病により聴力を失い、24歳頃からほぼ独学で制作に取り組み、自らの人生を「海」に重ねあわせた油彩画を描き続けています。
DSC_0455.JPG

黄昏時の美しい港に、黒船が白煙のような飛沫をあげて帰港するドラマチックな情景を幻想的に描き上げた新作「帰港」は、作家の精神に寄り添う色彩の「黒」と「白」を基調に描かれたコントラストが美しい大作です。輝く潮流や躍動する光の表現を、重厚感溢れる筆致で描き出し、自身の内面と自然の景色とを重ね合わせることで得た感動、雄大な生命観を見事に画面へ投影しています。
本展では、海で収集した錨、ブイ、ランプ、羅針盤、蛸壺等を組み合わせた静物画や、濃密なマチエールが美しい裸婦画、刻々と変化する自然を壮観に描いた海の風景画等、11点の油彩作品を展示しています。

潮の香りが満ち、穏やかな一時が刻み込まれた加藤さんの作品を是非、御高覧下さい。(翠)


●会期:11月17日(火)〜12月6日(日)
●休館日:11月24日(火)、30日(月)
※アトリエは入館無料
posted by おかのやまへそ at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

映画とともに:山田洋次×横尾忠則展 開催

25日から開催しています「映画とともに:山田洋次×横尾忠則展」おかげさまで、多くの方が来館いただいています。
昨日は東京から、山田洋次監督、横尾忠則さんがお見えになりました。
新聞をお読みになりお見えになられた方々とともに、お二人をお出迎え致しました。DSC_0204.JPG
アトリエにて、歓迎のレセプションを行いました。
お二人の出会いのお話や、山田監督作品「男はつらいよ」の主人公『寅さん』のお話などをされました。
そんな『寅さん』がこの美術館で、横尾さんの作品『ピンクガール』が出会い二人の会話するとどうなるのか・・監督が即興でかんがえられたユーモアたっぷりの言葉をぜひ、お楽しみください。DSC_0377.JPGDSC_0388.JPG
posted by おかのやまへそ at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする