2015年10月27日

西明寺末一展は本日よりスタートです。

秋晴れで気持ちの良い毎日ですね!

さて、本日より、アトリエ個展シリーズVOL.1の「西明寺末一」展がスタートしました。

西明寺末一氏(兵庫県出身 1939年〜)は熊谷守一大賞展や、あさご芸術の森大賞展で大賞を受賞し、個展やグループ展等で精力的に活動を続けている姫路市在住の画家です。
幼少期から絵を描き、ほぼ独学で創作を続け、グラフィックデザイナーを続けながら、絵画教室の先生としても活動されています
2010年頃に訪れた奄美大島の豊かな自然に影響を受け、宝石のように煌く花や、幾何学的なフォルムのしなやかな葉、縦横無尽に舞い踊る鳥をドラマチックに構成し、極彩色で彩られた「森の幻想華」シリーズを描きはじめました。
DSC_2148.JPG
屋外で採取した草花を持ち帰り、押しつぶしたり、反転させたりするうちに沸き起こった内発的イメージと、奄美大島で得た外発的なイメージとを重ね合わせ、歪み、吸い込まれるような幻想的な楽園風景をアクリル、エアーブラシ、色鉛筆、パステル等様々な技法を駆使して描きます。
本展では、肌理の細かな画布に、写実、ピクセル、抽象といった複数の表現を重ね合わせ、1年をかけて制作されたS100号(162x162p)の大作4点を含め、計15点を展示します。
西明寺氏が描く、雄大な自然と生命が織りなす優美な世界を是非、御高覧下さい♪(翠)


●会期:10月27日(火)〜11月15日(日)
●休館日:11月2日(月)、4日(水)、9日(月)
●休室日:10月31日(土)
※アトリエは入館無料

posted by おかのやまへそ at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

本日より「映画とともに 山田洋次×横尾忠則」展スタートです!

本日10月25日(日)、朝から多数のお客様にお越しいただき、和やかな空気の中「映画とともに:山田洋次×横尾忠則」展のオープニングを迎えることが出来ました。
DSC_2111.JPG
お二人の仕事やプライベートでの交流を示す作品の数々を、皆さんじっくりと鑑賞されていました。

恋が成就しなかった寅さんへの特別な思いが込められた空間は、山田監督と横尾さんお二人の演出で作られたものです。スクリーンを飛び出して、ピンクガールとの出会いを果たし、享楽にふける寅さんに自然と笑いが起こっていました。
DSC_2123.jpg
他の展示室についても追ってご紹介しますね。

ここでしか見れない夢のコラボレーションの展覧会。
2016年3月27日(日)までです。
ぜひ、お越しください。(翠)



※特別展の為、通常料金とは異なります。
 大人 500円(400円)
 シルバー 400円(320円)
 大高生 300円(240円)
 小中生 無料  
()内は20名以上の団体割引料金

※上映は1日2回
・午前11時〜
・午後2時半〜

posted by おかのやまへそ at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

アトリエ展覧会

6日から始まる「南中・東中合同美術展」の作品展示をいたしました。
西脇市立南中学校28名、西脇市立東中学校6名の美術部員が描いた水彩画32点・アクリル画12点 合計44点展示しています。
DSC_1985.JPG
両校は全国中学校美術部の、アートグランプリに、毎年入賞、入選をしている学校で、
ひとつの作品を3ヶ月から5ヶ月かけ制作。
作品のテーマは、自分で興味のある事とか、画集などをみて考えるそうです。

DSC_1987.JPG
今回の展覧会に合わせて、今年の6月、7月に合同で集まり、「木」という同じテーマで描いた、A4サイズほどの大きさの作品は、
ひとり一人がどんな思いで「木」を描いたのか?
絵を観ながらメッセージも読んでいただきたいです。

是非、ご高覧下さい。(T)
DSC_1986.JPG

posted by おかのやまへそ at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする