2020年01月13日

美術館講座受講生によるアトリエシリーズ VOL.1 

根岸展が今日で終わり、15日からは児玉瑛子さん、小松原ケンスケさんによる「記憶への入り口」展が始まります。
岡之山美術館講座生のお二人による展覧会です。今までは講座で制作した作品を発表していましたが、今回は、
講座生のかたに今後、作家として活躍をしていただくために、実際に自分たちで展覧会の企画をしていただきました。
タイトルを決め、展示の仕方を考え、搬入、展示、広報と考えることはいっぱいです。
試行錯誤し、やっと展示がUPしました!!

IMG_1620.JPG
IMG_1617-thumbnail2[1].jpg

見応えのある展覧会場となりました。
是非、御高覧下さい。
そして、ひとこと作家にメッセージをお書きいただき応援してください。どうぞよろしくお願いします♪
posted by おかのやまへそ at 19:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

年末年始休館&池田慎公開制作のお知らせ。

当館は、12月29日(日)~2020年1月3日(金)まで年末年始休館に入ります。

新年は、1月4日(土)から開館いたします。


【イベント予定】
1月5日(日)に、池田慎さんの公開制作が決定!
新聞紙を再利用して工作した《手作りダンボール》の制作現場を間近で見ることが出来ます。
作った箱は積み上げてタワーが完成する予定です。
公開制作は、1月5日(日)以降も、会期中、数回開催する予定です。
今後の予定が決まりましたら、ホームページ、ブログにてお知らせします。 
※観覧料無料(入館料要)
posted by おかのやまへそ at 14:47| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

アトリエ個展シリーズVOL.6「根岸絵理」展12月17日(火)~2020年1月13日(月・祝)まで開催します!

今日は12月にしては、日中暖かく過ごせて和やかな1日でした。
さて、当館アトリエでは、12月17日から淡路市在住の染色家、根岸絵理さんの個展を開催します。
根岸絵理さんは、1984年に奈良県生駒市に生まれ、2007年に大阪芸術大学環境デザイン学科を卒業後、大阪府にある日本軽気球広告株式会社に勤務し、テレビのセットや広告制作に携わりました。また、働きながら自分で制作した生地やオブジェで結婚式場や音楽イベント会場、フェス、店舗内装などの空間演出や装飾も手がけました。
その後、結婚を機に淡路市に移住し、青い海と緑の山に囲まれた豊かで美しい淡路島の自然に魅了され、植物での天然染色を始めます。2015年徳島へ行き、伝統的な藍染めの手法を学んだ後淡路島へ戻り、本格的に藍の栽培から染料をつくり染色を始めました。2016年8月に淡路市釜口にて藍染め工房を立ち上げ、現在も活動を続けています。
IMG_1556(s).jpgIMG_1558(s).jpg
本展では、日常的な景色の中で日々刻々と違った表情を見せてくれる藍の色が魅力的なインスタレーション作品を紹介しています。糸の絞りの跡、型染やグラデーションなど、染めのにじみや質感が偶然に現れ、そして染めのない空間から覗く白はより輝いて見え、白が存在することで、藍が一層引き立ちます。この藍の空間を身体や視覚で体験すると、藍の彩りを強く感じる「空間」的な藍が出現します。
この「空間としての藍」を、是非アトリエでご高覧下さい。


●作品数:7点 (小品から直径160cmの大作まで)
●会 期:令和元年12月17日(火)~2020年1月13日(月・祝)
     午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
     ※最終日は午後3時まで
●休館日:12月23日(月)、12月29日(日)~1月3日(金)、1月6日(月)
●入館無料:無料


posted by おかのやまへそ at 20:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする